ホームページの表示速度の重要性

サイト運営お役立ち情報
こんにちは!
Pickwebの大見です。

今回はホームページの表示速度についてのお話です。

表示速度と直帰率の密接な関係

ホームページの表示速度は直帰率(ページが表示される前の離脱率)と密接な関係にあります。

ページの表現力は昔と比べて遥かに豊かになりました。
もちろんコンテンツの質も高まりそれ自体は非常に望ましいことですが、それに伴ってページのデータサイズが肥大化してしまい表示速度が遅くなってしまっているホームページが散見されます。

表示速度が遅いページではせっかく素敵なページがあっても、ユーザーは待てずにブラウザバックボタンを押してしまうでしょう。
これは非常にもったいない!

表示速度が直帰率に与える影響

表示速度に関する評価は年々厳しくなっているように感じます。
少し古いデータではありますが直近の信頼できるデータとしてピングダムという会社が測定したものがあります。

これには

  • Webページの平均読み込み時間は3.21秒であること
  • 2秒以内に読み込まれるページの平均直帰率は9 %であること

という事が書かれています。

また、2秒を超えて時間がかかった場合は直帰率が大幅に増える事がわかっていて、5秒に達したときには38%にまで増えてしまうデータがあります。


出典:ピングダム / Does Page Load Time Really Affect Bounce Rate

もちろんこの「直帰率」はページ流入から他のページへのボタンを一切押さずに帰った場合を指しますので、全てがページ速度が原因で直帰したわけではありません。
しかし、ページの表示速度が直帰率に影響している事は明らかと言えます。

表示速度は2秒以内に抑えるのが望ましい

やはり上のデータがある以上、目標は2秒以内となるでしょう。
コンテンツのボリュームや内容はもちろん、ユーザー側の環境、回線状況やマシンにも影響されますのであくまでこれは指標。

Pickwebではクオリティに影響しない程度にデータサイズを削ぎ落として軽いサイトに仕上げるように努めています。

ホームページの表示速度をチェックするには?

PageSpeed InsightsというGoogleが提供しているサービスがあります。

ここの入力窓にホームページのURLを入力すると、表示速度の評価と改善の提案をしてくれます。すごい!
もしご自身のホームページをお持ちで気になる方はぜひチェックしてみてください。
数字が高いほど高評価(表示速度が早い)になります。

では参考にPickwebの表示速度です。
もちろんお客様に提供しているサービスと同じ規格で制作しています。


モバイル版

PC版
大きい画像も沢山使用しておりますが、人の目にはわからない程度に画質を落としたり圧縮したりしているので、しっかりと高い評価が得られています。
※これも回線やマシンの影響を受けます。
この評価はMacBookAir2018であまり強くないと思われる「セブンスポット」を使っての評価です。

Pickwebで制作するホームページは低価格であっても高品質なものを提供しています。
少しでも興味を持って頂けましたらお問い合わせお申込みをお待ちしております♪♪

さあ、あなただけの
ホームページを手に入れよう!

タイトルとURLをコピーしました